top of page

Go. Run 1000m×20本を終えて

更新日:2023年2月13日

久々に1000m×20本を走りましたー。


この日はお天気は良かったのですが、寒波が近づいている影響なのか風が強かったです。



1000m×20本の1000mは、400mのトラックを2周半走ります。


20本の場合は、ゴールしたところからスタートすることが多いです。

スタートしたところとゴールしたところが反対側なのです。

スイムで例えると、短水路(25m)の75mのようなイメージ…余計にわかりにくいかも😅


ちなみにGo. Run毎週火曜日の夜ランの1000m×5本 or 6本では、1000m走り終わった後、200mジョグでつなぐためスタート位置は変わりません。



…だから何?


という感じかも😅


まず、スタートとゴールの位置が同じですと、走った後その場で休めます。

実際は次のスタートまでなるべく心拍数を落とさないように、ジョグしていることが多いかもしれませんね。


次のスタートまで心拍数を落とさないようにするorしっかり落としてからまた走るとでは、トレーニングの目的や効果が変わってきます。


1000m走っている時も大事なのですが、次のスタートまでつないでいる時間をどう過ごすのかもトレーニングの重要なポイントになるということですね。



奇数・偶数本によってスタートとゴールの位置が変わることについての影響はまだあります。


それは「風(向かい風)の影響を受ける回数(距離)」です。


同じ風向きの場合、トラックを走る際に奇数か偶数かによってスタートの位置が変わると、向かい風を受ける回数も変わります。

そのため、奇数本と偶数本でタイムが若干変わるというか、同じペースで走っているのになんか辛い…ということもあったりします。

それは向かい風を多く受けている可能性があります。


もちろん、風のせいではなく気のせいでもないことが多いのですが、言い訳はたくさんあった方が良い時もあります。



1/31火のGo. Swimは休講ですが、1/31火のGo. Runは開催しますよ。

筋トレ+1000m×5本or6本ではなく、月末なので5000m PR(ペース走という名のTTタイムトライアル?)の予定です。


次回の1000m×20本は2/18土です。

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page