top of page

Go. Swim 上を向いて泳ごう!

H先生不在時に平日のGo. Swimの担当をされることが多い、背泳ぎのスペシャリスト世界のホッシー先生✨


H先生の置手紙メニューをベースにして、ホッシー先生流に大胆に読み解きます。



ホッシー先生曰く、

「背泳ぎは簡単です」


・クロールと違って息継ぎの動作がいらない。

・いつでもどこでも息を吸える。

・空を見ながら泳げる。

・背泳ぎの技術を身につけれいれば、プールだけでなく海や川などでも溺れる確率が低くなる。


背泳ぎが難しく感じてしまうのは、

普段から泳いでいないのと、自分がどこをどのように泳いでいるのか天井やコースロープが頼りだったり、前を見て泳げない恐怖感だったり。


また、自分が水の中でどのように腕で水をかいているのか自分で確認できないことも背泳ぎの特徴とのこと👀


「このやり方で合っているのかな」という不安がなかなかぬぐい切れないと、その動作が難しいとかできないと考えてしまうことにつながりやすいのですね。



ということで、クロールのドリルとフォーミングをそこそこに、背泳ぎの特訓もちょっと織り交ぜます。


まずクロールのドリルは、「リズム」でした。


2ビートキックをするために、ドルフィンキック、片足ドルフィンキック…片足の動きを止めてもう一方の足でキックしているつもりなのですが、両足のドルフィンキックしていたようです💦


また、2ビートキックをしているつもりでも2ビートの合間にキックを打っていることのご指摘もありました。



実は4ビートも6ビートも違いがよくわからず😅


ただ不安定な体を安定させなくては&ボディーポジションをよいポジションでキープできなくても、せめて最低限のところでキープしていないと泳げないので、そのために無意識にキックを打っているのはうすうす気づいていました。


また、そのキックがボディーポジションをキープするだけでなく、推進力を生み出すものであれば理想なのですが、効率のよろしくないキックをすることによってプルの推進力を奪ったり体力の消耗につながっているような🥲

アクセルとブレーキを同時に踏みながら泳いでいるような…。



それを解消するきっかけの1つが「2ビート」なのだろうなと思います。


それを「リズム」と「タイミング(ストロークとキックのタイミング)」からアプローチしました。



次は背泳ぎのドリルです。


…また時間と紙面の都合により次回に🏊‍♀️🏊‍♂️💦

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page