GTC 安全とは

GTC代表はある時期が近くなると

・月会費や参加費の領収システムと格闘します。

・利用させていただいている施設へ使用実施日、時間などを報告します。

・関係者にその月の収支報告をします。

・交通費の確認、先生やコーチに明細書を送って金額確認。

・新しい月に向けて各種フォーマットなどを更新、賃金台帳を締めたり、領収書の処理などごそごそがさがさ…ばさばさっ(書類の山が崩れる音)。

・税務署、年金事務所から届く書類に毎回びくっとします。

・そして支払い、支払い、時々納付してまた支払い…あれっ、お支払いばっかり?



そのような中、GTC実質的支配者から一言👀


「足元の点検をせよ。

安心して参加できる場を確保せよ。」



安心安全な場所。


あまりにも当たり前すぎて…しかし2022年が始まってまだ間もない中、さらなる上を見たり、周りを見て楽しく明るく生き生きしているのかなと相手の顔を見たりするのもよいのかもしれませんが、今一度足元の確認のにちょうどよい時期かもしれません。


改めて、安全な場所とは。


安心して練習に参加できる場とは。



すぐにできることといえば、呼びかけでしょうか。

しかし短い時間で全員に注意喚起をするのは難しいことと思います。

それよりもメニュー内容の伝達やフォームなどのアドバイスなど、伝えたいことはたくさんあります…あるはずです。


最近ではメニューで注意喚起をしています。

今回は泳ぐパンダではなく、カワウソですね(ラッコではありません)。



ちなみにGTCのパンダは走っています。


あっ、1/29土に高浜運河で走るようですね。

詳細はGTCのHPのスケジュールをご確認くださいね。

https://www.gotenyama-tc.com/schedule



1年更新のGTC保険(スポーツ安全保険、保障期間は4月1日から翌年3月末まで)は任意加入ではありますが、これが唯一GTCが会社としてメンバーに何かあった時の助けとなるものです。

保険ですべてをカバーできるわけではありませんが。


3月に更新の有無についてご意向の確認と新規加入についてご案内いたしますので、今一度ご検討いただけたらと思います。


安心安全な場所の確保。

他に何ができるのかな。

うーむ。


「場」というのは提供されるものでもありますが、そこを活用する人が作り上げていくものでもあります。

その場所にいる人が力を合わせていかなければ安心安全は成り立たないのです。


ということで2022年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。







閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示