GTCウェア、製作の裏話~トライウェア編~

とある日の朝、IRONMAN事務局から1通のメールを見てびっくりしました。

2016年IM南アフリカに参加した時の写真が採用されている!?

今から5年も前のものなのにその写真が今使われることはすごい確率なのではと思います。

レースのスタート直前の緊張感の中、楽しそうに挑発的な?ポーズをする外国人女性選手が少なくて関係者の目に留まったのでしょうか。

海外のレースにおいてオフィシャルカメラマンの前で控えめと言われるアジア圏の選手がアピールできることは稀有なスキルとなりそうですね。

レースもしばらくないですし、いきなりやれと言われてもできないので今からイメージトレーニングだけでもしようかなー。


それと真っ黒なウェットスーツの中、トライウェアのゼブラ柄がウェットスーツからちょっと出ていたのが目立ったのかもしれません。

この前作のトライウェアのゼブラ柄は海外のレースに出た際に他の選手や沿道の応援者からわりと?かなり?好評だったのです。

例えばバイクなどで追い抜かれる時に

Nice wear!

Cool!

Beautiful!

と声をかけられることが多かったです。

もしかしたら海外では女性に対して一言声をかけるのがマナーなのかもしれませんね。


もちろんシンプルなデザインもかっこよくてそちらの方が目立つこともあります。

GTCでは現在、ランウェアとバイクウェアと同じデザインのトライウェアを製作予定です。

アイテムは前開きの上下セパレート(半袖orノースリーブ)、前開きのワンピース(袖ありorノースリーブ)を予定しています。

購入希望者に6月中旬にお届けできるように(試着用サンプルの貸出期間が限られてはいますが)試着、募集期間などのスケジュールをこれから調整します。





先述のメールにあったフラッシュ動画の一部です↓


GTCの活動がグローバル展開する日も近い…かも。


56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示