Go. Run!

緊急事態宣言とコロナが落ち着いてきたらGo. Runに参加してみようかなと検討されている方々にスムーズに参加していただけるよう&しばらくご無沙汰をしているメンバーにもちょっと思い出していただけるよう、Go. Runの様子をご紹介できればと思います。


Go. Runは毎週火曜日に織田フィールドで開催しています。

織田フィールド入り口の前にある木の下のベンチ付近が受付場所です。

そちらに平田先生と小林コーチが夏は蚊にたくさん刺されながら、冬は寒さと冷たさに震えながらみなさまをお待ちしています。

…黒くて暗くてわかりにくいかも。

ロッカーで着替えて荷物を預け、給水や補給、羽織るものなど必要なものを持ってトラック内に向かいます。

19時からウォームアップでトラック内をおしゃべりしながら数周ジョグをして準備運動、走る前の動きづくり、ウィンドスプリントなどしていよいよメインです。


メインは最近ただただひたすら1000m×8本(もしくは800m×7本)を続けいています。

1000m(もしくは800m)走ったらそのまま心拍数を下げないようにして200mジョグでつなぐ、それをあらかじめ設定されたサークル内で繰り返します。

月末は5000m(もしくは3000m)1本勝負のペース走です。

ペース走(PR)をペースラン、ぺーランと言うようです。

(PRとさりげなく書いたりペーランとよどみなく言えたらなんだかランナーっぽく見えるかもしれないとそのチャンスをうかがっています。)

このペース走で自分の今のランのレベルや調子を確認し、次の月の1000m×8本(もしくは800m×7本)のペースやサークルのお題が発表されます。


織田フィールドは他のチームも利用していて、とても混んでいます。

しかもガチなランナーが多いです。

トラックを走る老若男女はみんなすごく速い。


なんだか私、すごーく場違いな所に来てしまった。

なんで参加するって言っちゃったんだろう。

雨が降って中止にならないかな。

…初めて参加した時からこの状況と気持ちに変わりありません。

ここはまったくブレない。

しかし走ったら「次も頑張ろうっと」とあれだけ織田フィールドに来る前にぐちぐち言っていたことをすっかり忘れてまた次回の参加を決意するのです。

そして当日天気図で雨雲を探したり、緊張しながらまた参加します。

その繰り返しです。

1回休むとその次がちょっときつく感じるので、だんだん休まないようになんとか日程を調整したりします。


「走るのはわりと好きなんだけど速くないしというかみんなより遅いし。

Go. Runに参加なんて絶対ムリ。でも興味はある。」

ケガをしないようにある程度体力や走力は必要ですが、走るのに速い遅いは関係ありません。

走っている最中は本当にそれどころではないのです。

本数や距離も調整しやすいメニューとなっています。

もうちょっとレベルアップをしたい、刺激を入れたい、ぴりっとしたリハビリをしたい、ひとりでは練習できないなどにGo. Runを取りいれてみてはいかがでしょうか。








73回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示