Go. Swim 入水位置


とある日のGo. SwimはいつものH先生は不在のため、プライベートスイムレッスンとクイックターン集中レッスンの若山さんが担当しました✨



メンバーのみなさんがいい子にして練習に励んでいるかを心配してか、その日のお告げは「メニュー通り泳ぎましょう!」

でした。



時折メンバーからはスイムのメニューに対して

・このセット間レスト、ここでいらなくない?

むしろこっちで必要なんですけど。

・このサークルでハードとかムリ。

・今は一生懸命泳ぐ気分じゃないんだよね。

・このセット内容、このサークルだといつ出るのかわかりにくいよね。


などなど一部で手厳しい?会話が飛び交うのですが結局やってのけちゃうので、サークルアウトして休みながら泳いでいるブログの中の人から見ると「学級崩壊の手前だとささやかれているのに成績優秀なクラス」のようです。



今回のポイントは「入水位置」です。

入水位置というより「入水した時の深さを意識する」というのでしょうか。


入水した直後、なるべく高い位置(水面に近い位置)でキープするのをかなり意識してそれを保とうとするのですが、

どうもすぐに落ちてしまうというか。


そうすると、どうなるのか。

のんべんだらりとしたストロークになっているというのを実感します。

それでも前に進みますが、もう一段レベルを上げるには推進力を得られるところでしっかり水を捉えてそれを逃さないようにして最後までかき切る(プッシュする)ようにする、そのための「入水位置」なのかなと思います。



それを若山さんは水底に這いつくばってチェックされました。


泳いでいて突然水底に黒い物体が目に入りびっくりしましたよね。

しかしそのびっくりのおかげで

「あっ、しまった。

今日のポイントを気をつけるの、また忘れてた😓」

と意識できたような気がします。



3/13日のGo. Swimはホッシー先生が担当です✨

またまたGTCの弱点をとことん攻めたメニューなのでしょうか。

この日は大崎ランがありませんのでご注意くださいね。


走れないとなぜか走りたくなる…一生懸命走りたくなったら👀↓

3/19土 1000m×20本

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示