Go. Swim dashとHardと…

何度も確認して頭でわかっているような感じになるのに、いざやろうとするとそれがうまくできない…スイムにおけるダッシュとハードなどもその1つではないでしょうか。


そういえば。

ダッシュとハードはどちらがきついんでしたっけ?

何度も聞いているはずなんですけどね、泳ぐと忘れてしまいまして。

どちらがより頑張って泳がないといけないのですか?

そもそもダッシュとハードに違いはありますか?

easyより気持ちだけでも一生懸命に泳げたらいいですよね?

DIE HARDやALL OUTは大文字で表記されることがありますが、これは相当必死に泳ぐという感じなのでしょうか。

一生懸命泳いでいると自分では思っているのですがeasyとさほどタイムが変わらないのです。

それでもダッシュやハードに該当するのでしょうか。

そこでちょっと調べてみました。

しかしこの用語の使い方は各チームや個人差があるようですね。

これまでのGo. Swimのメニューから読み取れることはこのような感じでしょうか。


ALL OUT (=DIE HARD)←登場回数はあまりないような気がします。

全力泳。もうこれ以上ムリだというぐらい全力で泳ぎ切ること。


Dash

8~9割程度の力で泳ぐ。

GTCではDashの位置づけはHardよりきつい感じ…でしょうか。

無酸素状態(短い距離でなるべく息継ぎをしないなど)で泳ぐスピード練習というイメージです。

Hard

(呼吸をしてもOKですが泳ぐ距離が長いこともある、本数が多いこともある、サークルが短いこともある、セット間やレストがほぼないこともある…それでも)速く泳ぐ!

easy

ゆっくり泳ぐ。泳速はDownよりも速め。


次のGo. Swimでダッシュ!とかE-H-E-Hなどのメニューがあってもその違いがなんとなくわかるような気がしてきたかも。


しかしこれをタイム(結果)や泳ぎで体現するのが難しいんですよねー。




63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示