top of page

Go. Swim DPS × ChatGPT

更新日:2023年5月17日

長距離を泳ぐ際に求められる要素の1つとして、例えば「効率よく泳ぐ」こと。


その目安となるのが「ストローク数」です。



少ないストローク数で目標のペースやタイムで泳げると、体力の消耗を最小限に抑えながら無駄のない効率のよい泳ぎができていているということになります。


ということで、改めて「DPS」とは👀

Distance Per Strokeの略

「ひとかき当りの距離」といった意味です。


ひとかきでいかに長く進むか。


そのためにはどうしたらよいのでしょうか。



…あっ、そうだ!


流行りのChatGPTに聞いてみようっと。


クロールでひとかきで長く進むためには、以下のポイントに注意する必要があります。

  1. ボディのラインを水平に保つことが重要です。背骨をまっすぐに伸ばし、腰を浮かせずに水面に平行に保ちます。

  2. アームストロークの際には、手首を固定して水をしっかりとかきます。手のひらを下に向け、腕をまっすぐに伸ばし、肘を高く上げることで、力強いストロークを実現することができます。

  3. キックの際には、足首を使って効率的にキックします。脚をまっすぐに伸ばし、足首を曲げ伸ばしすることで、水の抵抗を減らし、効率的なキックを実現することができます。

  4. 呼吸をコントロールすることが大切です。正しい呼吸法を習得し、水中での呼吸を効率的に行いましょう。また、呼吸のタイミングをよくすることで、スムーズに泳ぐことができます。

  5. ストロークのタイミングを良くするために、手と足の動きを協調させましょう。左手と右足、右手と左足が同時に動くようにすると、よりスムーズに進むことができます。


以上のポイントに注意しながら、練習を重ねることで、より長く効率的にクロールを泳ぐことができるようになるでしょう。



…ふむふむ。


1つ1つの項目に対して「それができるようになるためにはどうしたらよいか?」を掘り下げる必要がありそうです。


しかし、それを意識したとしてもなかなかストローク数を減らすことに繋げられず、ペースもタイムも見事に変化なし。


これはこれですごいことなのかもしれません😅

下手の横好きだもの、致し方なし。


引き続き「ポイントに注意しながら、練習を重ねること」にします。



普段よりもけのびして進む距離を稼いだり、最後のひとかきの後に不自然に伸びたまま進んだり、キャッチアップギリギリというよりほぼキャッチアップで泳いだりしてストローク数を減らそうと悪あがきをしたり。


意外にキャッチアップ気味で泳ぐと手っ取り早くストローク数を減らせるような…。

それでタイムとペースが落ちていなければOKということなのかな。

その前に泳法違反を取られるのかな(競泳の場合)。


この悪あがきしてまでストローク数を減らそうとして本来の主旨とはかけ離れても、巡り巡って効率の良い泳ぎにつながりますように😅

閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page