Go. Swim Hypo

呼吸制限、すごく苦手です😓

Hypo(ハイポ)とか25mノーブレとか。

だって苦しいんだもん。


Hypo(ハイポ)とは…

ハイポキシックトレーニング (hypoxic training)

意識的に呼吸の頻度を低下させて体内で酸素不足の状態を作り出し、運動中のエネルギー代謝に占める無酸素性解糖の割合を高めることにより、耐酸性能力を向上させようとするトレーニングです。


Hypo3 (3回に1回の呼吸、まだ大丈夫)、Hypo5 (5回に1回の呼吸、ぎりぎり大丈夫かも)、Hypo7 (7回に1回の呼吸…くっ、苦しい)。


苦しいからと言って回転数を上げると余計にきつくなるということで、一定のストロークスピードで泳ぐ必要があります。

苦しくても冷静に一定のペースで泳ぐ…精神的にも鍛えられるかも。

また呼吸制限されることによって泳ぎにかなり集中できますね。


Hypoの効果は

・呼吸系の筋肉を鍛えることによって効率よく呼吸することができるようになります。

呼吸を制限することによって1回の呼吸の重要度(短い時間でいかにたくさんの酸素を吸うことができるか)を上げることにつながり、持久力の向上も期待できます。

二酸化炭素が増えた状況をあえて作ることで、二酸化炭素がたまった状態の耐性を強化できます。

・奇数回の呼吸によって左右差をなくします。



Hypo9をこれまで1回だけ実践したことがあったと記憶しているのですが、25mの間に1回だけしか呼吸できない感じでしたね。


例えばHypo3→ Hypo5→ Hypo7と進めるのが一般的のようですが、その逆(Hypo7→ Hypo5→ Hypo3)の方がまだ楽だというのは本当でしょうか。

ちょっと確かめたいけれど、できれば避けたい呼吸制限です💦



参考・引用元

https://swim-media.com/menu/hypoxic-training

https://openwater.jp/news/%E8%80%90%E4%B9%85%E5%8A%9B%E9%A4%8A%E6%88%90%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0/





閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示