top of page

GTCと反復継続

GTCが利用させていただいているティップ五反田店さんもクリスマスの装いです🎄✨


ティップ五反田店さんは五反田駅西口から徒歩5分以内の利便性の高い場所で、Go. Swimでは25メートル×3レーン+生簀を使って朝スイムをしています。


「今年も残すところあとわずかですね」と女子漁師組(朝がものすごく早いメンバー)❤️



どのスポーツも、スポーツだけでなくお仕事もそうなのかもしれませんが、反復継続が大事とされています。


反復継続もとても難しいことなのですが、それができていたとしてもなかなか越えられない壁があったり、現状維持もままならないこともあったり。


前はこのやり方を続けていたらうまくいったので今も続けているのになんだかうまくいかない…など😔



前職時代、ブログの中の人は仕事の中で小さな成功事例を作り出し、そのやり方を継続していました。

このやり方を続けていれば前もうまくいったんだからきっとこれからもうまくいく。


しかし結果は伴わず、次第に焦り始めて空回りしていることを感じながらも「このやり方を続けていれば前もうまくいったんだからきっとこれからもうまくいく」と頑なに継続しようとしました。


そのような時に支社長室に呼ばれました。

「あっ、いよいよ私はもうダメなのかも」



「なんでこんな状況になっているのか、わかるか?」


わかりません。

この前の成功事例をもとにそのやり方を継続しているのですが、それなのになぜうまくいかないのかわかりません。


「だからだよ。」


えっ?


「新しいことに挑戦していないからだよ。」 


えっ?どういうこと??

反復継続は大事なんですよね?

新しいことに挑戦?

新しいことって…。

逆に新しいことに挑戦してばかりいたら、反復継続はどうなってしまうのでしょうか。


何もつかめないまま部屋から出されて、さてどうしたものか。


しかしこれは仕事に限ったことではないのかも。

練習やGTC運営も同じことが言えるのかも。


ということで、また別の機会にGTCの小さな新しい試みについてブログで書こうと思います。


前回の「GTCの新しい試み」はこちら👀



話は変わりまして…。

メンバーからの熱い熱い?ご要望をいただいて、すぎりょー先生のプライベートレッスンが実現しました✨↓



すぎりょー先生のプライベートスイムレッスンでは肌感覚ではなく「どのように体を動かせばその人にあった理想の泳ぎになるのか」を具体的に確認していきます。


例えば「肩甲骨を使って泳ぎましょう」というポイントに対しても、どのように体を動かせば肩甲骨を使った泳ぎになるのでしょうか。

肩甲骨を使うまでの動作を分解し、それをまた組み立てるようなイメージです。


また、伝え方も人によって受け取り方や腹落ちするポイントが異なります。


プライベートスイムレッスンでは、どのように伝えるとより理解が深まるのかを探りながら言葉のカードを切っています。


プライベートスイムレッスンで受けたポイントをぜひGo. Swimで反復継続して泳いでいきましょうね😉 


プライベートスイムレッスンにご関心のある方はこちらまでご相談くださいね↓

閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page